早苗のおてんば日記

靴下の一生

この頃、足の裏がやけに冷たくてですね。

いつも濡れてる感じがするので、何か水分を踏んだかしらでも、いつもいつもうちの床って水分溢れてるはずもなくそれに、なぜ私の足だけが濡れるんだろう。って不思議だったんです。

私は冷え性で、分厚い靴下を履いているので、濡れなきゃ足の裏は冷たくないはずだけどその理由に、今日、洗濯物をたたんでて気づきました!

靴下の踵と指の付け根部分が薄くなってました。

穴は開いてないので、気づかなかったけど糸が細くなってるって言えば、皆さんわかりますね。

透けてる状態です。

そうか、洗濯後にしまう時も、いつもここまでチェックしてなかったわ。

つまり、穴が開く前に気づいたってことですよ。

ついでに他の靴下もチェックしたら、3足も、もう履いてても意味ない薄さになってました。

そうだわ、みんな今年買った靴下ではなく、去年からのキャリーオーバーで履いてるからもう十分頑張ってくれてたわね。

ヘビーローテーションで履いてたもんね。

今まで私の足を守ってくれて、温めてくれてありがとう。

と、その時、ゴミ箱の前でちょっと考えました。

これ、なんちゃらワイパーに履かせて、床やそこらへん拭いてから捨てると良くないかしら?

それこそ、台所に置いて床にこぼれてる水分の拭き掃除に使うのも良くないかしら?

つまり雑巾ね。

あ、それから、もしかして、これで窓ガラス磨くって方法も良くないかしら?

など、いろいろ思いつきました。

そのうち実行するかもしれません。

関連記事