社労士や弁護士に法律相談SOS│困ったときの強い味方

急な問題

相続に強い弁護士に依頼

弁護士

相続は定まった手続きに則って進めていけば、特に問題なく終わります。しかし、誰かが異議を唱えたり、知らないところで話が進んでいれば、たちまちトラブルとなりえます。 相続トラブルは相続財産が多いほど起こると思われがちですが、じつは金額の多寡にかぎらず誰にでも起こり得る問題なのです。 たとえば遺言ひとつとっても解釈の違いを主張する人もいますし、不法行為と思わずに勝手に行動する人もいます。そういったときに、法的な第三者をはさむことによって円滑に話は進み、また根拠を得ることができます。 万が一の紛争にそなえては、弁護士に依頼することがもっとも最善かもしれません。特に相続関係に強い弁護士であれば、依頼者のために尽力を注いでくれるでしょう。

すべてを任せられる安心感

相続にはさまざまな権利が保証されています。相続放棄や遺留分の請求など、そういった権利を知ると知らないでは、大きく損得に影響してきます。弁護士は交渉もおこなってくれますので、自分の言い分をしっかりと組み込んでくれ、公平な権利を行使することにつながります。 また、遺言作成でも水も漏らさぬ不備のない書類を作ってくれますので安心です。 くわえて、相続には税金がつきまとうものですが、各種控除や節税について適格なアドバイスをくれますので、得られたはずの利益を喪失することもありません。 もちろん裁判に発展したときであっても、弁護士はその延長線上で業務を請け負ってくれますので、精神的にも負担になることはありません。