社労士や弁護士に法律相談SOS│困ったときの強い味方

依頼する際のお金

弁護士をお得に利用する方法について

弁護士

弁護士は、非常に幅広い法律知識を有する法律問題のエキスパートです。また、高い交渉能力も有していますので、何らかの法的トラブルに巻き込まれてしまった際には頼りにすることができます。ただし、決して安くはない料金がかかるというイメージが定着してしまっているため、なかなか弁護士に相談してみる気になれずにいる人が少なくありません。一般的に、弁護士を利用すると、相談料、着手金、報酬金、諸経費の実費がかかります。ただし、実際に調べてみると、相談料や着手金を無料にして、報酬金のみで活動しているような弁護士も存在しています。一概にその方が有利だとは言えない部分もありますが、弁護士ごとに料金設定がバラバラになっていますので、事前に調べてみることをおすすめします。

相続サポートを受ける際にかかる費用について

先程述べた通り、弁護士によって料金設定にバラつきが生じていますので、相続サポートサービスを利用する際にかかる費用の相場額のようなものを簡単に述べるようなことはできません。また、単なる相談だけで済む相続トラブルなのか、訴訟を提起せざるをえない状態にまで陥っている相続トラブルなのかなどによっても、かかる費用が当然変わってくることになります。もしも訴訟を提起してもらいたいと考えているのであれば、着手金だけで最低でも50〜60万円前後はかかると考えておくのが無難です。一方、相続に関する法的アドバイスを受けたいというだけであるならば、数万円で済ませられる可能性があります。事務所によって違いがありますが、相談料を30分あたり5000円前後の設定にしている弁護士が多いです。したがって、2時間の相続相談であれば、2万円プラス消費税がかかることになるのが一般的になっています。