褒めたりご褒美をあげよう

この記事をシェアする

ご褒美を用意しよう

どうしても子供が幼児教室に行きたくないと言ったら、ご褒美を与えてください。
ご褒美があると伝えれば、子供は頑張って通えるかもしれません。
しかしご褒美を与える頻度は、少なくしましょう。
いつもご褒美を与えていると、お金がなくなってしまいます。
それに毎回与えると、ご褒美のありがたみを感じなくなります。

時々与えるからこそ、子供は嬉しいと感じます。
特別頑張った時に、ご褒美を与えると良いですね。
難しい技を習得したり、も問題を解けたらご褒美を与えるという約束をしてください。
すると子供は、苦手なことにも積極的に挑戦するようになります。
ご褒美があることでモチベーションが高くなるので、子供が喜ぶものを用意してください。

褒めてやる気を伸ばそう

頑張っていることを褒めることで、子供がやる気を出してくれる可能性があります。
親から頑張っていることを認められると、嬉しくなる子供が多いです。
些細なことで良いので、褒めてください。
休まずに通っていることや、苦手なことでも一生懸命に取り組んでいることなどを褒めましょう。
褒められないと、子供のモチベーションがどんどん下がります。

それであ、幼児教室に通いたくなくなる気持ちもわかります。
子供が行きたくないと行ったら、これまで頑張って来たことを伝えましょう。
努力がもったいないと伝えることで、子供はもう少し頑張ろうという気持ちになります。
ここで対処法を間違えると、幼児教室への気力が完全になくなるので気をつけてください。